AWKの第一歩

小栗栖 修

金沢大学理学部計算科学科

2001年1月8日(月): 第1版
2002年10月10日(木):第1.1版

ogurisu[AT]kanazawa-u.ac.jp



この文書の目標は AWKを使ったことがない人が使い始めるきっかけになれば というところにあります。 C Javaよりも気楽にプログラミングが楽し めて、もちろん実用的なプログラムが書けるのが AWKやperl, rubyに代表さ れるスクリプト言語です。すでにweb上にも AWKの文書が日本語のものも含 めてたくさんあります。本格的なマニュアル形態の文書も、 A4に印 刷して数枚程度のものもあります。が、ちょっと使ってみようというには本格 的な文書はしんどいし、 A4数枚程度のものは簡潔すぎて何ができる のかよくわからないと思います。それを補完できればなと思っています。もし、 この文書以上のことをしたくなったら、もっと本格的な本を読んでください

そんなわけで、この文書はマニュアルではありませんし、説明していないこと もたくさんあります。また、間違いもあると思います。この文書の記述を信用 して被害を蒙ったとしても著者はなんら責任を負えません。間違いを見付けた 場合は是非とも著者(ogurisu[AT]kanazawa-u.ac.jp)まで連絡をお願いします。すみやかに 訂正するつもりです。[*]

なお、この文書の著作権は小栗栖にありますが、リンクは御自由にどうぞ。ま さかそんな人はいないと思いますが、この文書でお金を稼ごう(無理、無理:p) ということでもない限り好きに利用してかまいません[*]



このページはpLATEXlatex2html を使って書かれています。

印刷用として、pLATEXで作ったdviファイルをPDFに変換したものがありますが、40ページ以上あります。

このページにあるサンプルのプログラムやデータファイルは次のアーカイブにまとめてあります。

UNIXやcygwin上ならば
    % tar zxf scripts-utf8.tar.gz
でファイルを取出せます。

注意

もともとこの文書のサンプルは euc という漢字コードで(10年以上前!に)書かれていました。現在の多くのプログラミング環境は utf-8 という漢字コードになってきていますので、2013年11月1日にサンプルを utf-8 に変更しました。



OGURISU Osamu
2004-01-15